本文へスキップ

練馬区上石神井の内科・外科・麻酔科・在宅診療・健康診断のクリニック。医療法人社団白鳳会 大角医院です。
満足して頂ける診療を心がけています。土曜日午後・日曜日も診療しています。

内視鏡

内視鏡トップ 検査の進め方 鼻から胃カメラとピロリ除菌 よくある質問

細くてやわらかい
鼻から胃カメラ。

 
からだに負担が少ない胃カメラで、
検診をもっと受けてほしい。

胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができますが、そのためには定期的な医療施設での受診が欠かせません。
鼻から入れる胃の内視鏡検査は「つらくない」と多くの方々から喜ばれており、経験された方のうち9割以上が「次回も鼻から」の検査を希望されています。
胃カメラが苦手な方、胃の調子が気になる方はぜひご覧ください。


鼻から胃カメラの特長

特長1>吐き気が少ない検査です。

風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。 これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。 ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。  

特長2>検査中に話ができます。

口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。 しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と 「痛くありませんか?」 「はい、大丈夫です」 というような会話ができます。 気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。  

特長3>体にやさしい検査です。

鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありません。 麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。  





Oosumi Clinic医療法人社団白鳳会大角医院

〒177-0044
東京都練馬区上石神井4-3-23
TEL 03-3920-0966
FAX 03-3929-8573


 大角医院の勉強会