少ない負担で、検診をもっと受けてほしい。

細くてやわらかい鼻から胃カメラ

胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができますが、そのためには定期的な医療施設での受診が欠かせません。
鼻から入れる胃の内視鏡検査は「つらくない」と多くの方々から喜ばれており、
経験された方のうち9割以上が「次回も鼻から」の検査を希望されています。
胃カメラが苦手な方、胃の調子が気になる方はぜひご覧ください。

受診しやすい3つの特長

内視鏡の特徴
特徴1吐き気が少ない
風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。 これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。 ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。
特徴2検査中に話ができる
口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。 しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と 「痛くありませんか?」 「はい、大丈夫です」 というような会話ができます。 気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。
特徴3体にやさしい検査
鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありません。 麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。

検査の流れ

検査前
問診

危険を避けるための事前チェックです。

  • 薬のアレルギーはありますか?
  • 耳鼻咽喉科の先生から、鼻が悪いと言われたことがありますか?
  • 鼻血がよくでますか?
  • 血が止まりにくいことはありますか?
  • 肝臓が悪いと言われたことはありますか?
  • 血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?

※これらのチェックに当てはまると受診できないこともあります。気になる方は、あらかじめ医療施設にお問い合わせください。

消泡剤

胃の中の泡を取りのぞき、胃の壁をきれいにするために、消泡剤(やや苦目の白い液体です)を飲みます。

※これは口からの胃内視鏡検査の場合も同じです。
※前処置の方法は病院によって異なります。あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。

鼻腔に局所血管収縮剤をスプレー

鼻腔粘膜の血管を収縮させます。出血しにくくするだけでなく、鼻のとおりもよくするために行います。
スプレーは風がシュッと入るような感じで、ほとんど痛みはありません。

※前処置の方法は病院によって異なります。あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。

鼻腔に麻酔薬を注入、局所麻酔

麻酔法は、小さな注射器型の注入器で流し込むタイプとスプレー式のタイプがあり、病院によって異なります。
局所麻酔のため眠くなりません。

※前処置の方法は病院によって異なります。あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。

麻酔薬を塗ったチューブを挿入

細くて柔らかいチューブにゼリー状の麻酔薬を塗り、鼻腔に挿入します。
鼻腔の痛みが抑えられ、内視鏡の通過がスムーズになります。
内視鏡と同じ太さのチューブを使うことが多く、この段階で、実際の内視鏡の挿入感をイメージしていただけます。

※前処置の方法は病院によって異なります。あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。

検査
胃の中を観察

前処置を行った側の鼻へ内視鏡を挿入します。この時、違和感はあるものの、ほとんど痛みを感じることはありません。
食道、胃、十二指腸の順に観察していきます。
モニターを見て、自分の目でもその様子を確かめることができます。
検査中でも口は自由になっていますから、先生に質問もできます。

検査後
検査終了後

約30分~60分で水も飲めますし、食事もできます。
原則として眠くなる麻酔を注射しないので、すぐに帰宅できます。
車の運転もできます。

鼻から胃カメラとピロリ除菌

1. ピロリ除菌をご存知ですか

ピロリ菌は、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍にも大きく影響しています。

あなたは、ご自身の胃にピロリ菌がいるか、
ご存知ですか?

ピロリ菌について
ピロリ菌に感染した胃
ピロリ菌検査の注目点
ピロリ菌除去の注目点
2. 早めの除菌治療

内視鏡で胃炎などが確認され、ピロリ菌感染が確認された場合は
早めの除菌治療をお勧めいたします。

ピロリ菌除去治療ステップ1
ピロリ菌除去治療ステップ2
検査方法

ピロリ菌の検査は血液や呼気で調べることが出来ます。

ピロリ菌検査方法
治療方法
ピロリ菌治療方法
3. 定期的な内視鏡検査

除菌治療のあとは
定期的な内視鏡検査でしっかり経過観察を!

除菌治療の成功率は100%ではありません。
薬を飲み終えて1ヶ月以上経てば除菌が成功したかどうかがわかりますので、除菌した病院で必ず確かめてください。

除菌治療は胃の病気になるリスクを下げますが、
除菌治療が成功したから大丈夫とは言い切れません。

ピロリ菌除菌治療の有用性
定期的な健診を

よくあるご質問

健康保険は適用されますか?

適用されます。金額は検査の内容によって多少異なりますが、3割負担の場合、自己負担額は5000円が目安です。ただし、人間ドックや自覚症状がなくて健康診断として内視鏡検査をする場合は、自由診療となりその分費用がかかります。

口からの内視鏡と費用は異なりますか?

同じです。ただ、検査内容などにより少し異なりますので、詳細は医療機関にご確認ください。

口から入れる内視鏡と比べて、検査時間に違いはありますか?

検査時間はほとんど変わりません。ただ、嘔吐反射が少なく苦痛が軽減されますので、 多くの方が検査時間を短く感じられるようです。 (※軽減の程度には個人差があります)

鼻から挿入して痛くありませんか?

個人差はありますが、麻酔などの前処置をしっかりと行うことで、多くの方々はあまり痛みを感じないとおっしゃっています。

鼻血が出るようなことはないのですか?

まれにあります。ただ、鼻粘膜を保護するなどの前処置をしっかりと行うことと、医師もカメラの映像をみながら挿入することで、ほとんどの場合、鼻粘膜を傷つけることなく検査を行なうことができます。

鼻の奥を傷つけることはありませんか?

最近の内視鏡は、スコープの先端部分がしなやかになり、鼻の中を通るのに適した柔らかさになっています。また、鼻腔を広げたり通過をよくする麻酔が使われたりするなど工夫がなされていますので心配ありません。詳細は医療機関にご確認ください。

鼻から水が入った時のような痛みは感じませんか?

感じ方は個人差がありますので、ツンとするような感じを持たれる方もいらっしゃいますが、 大きな痛みではないようです。

左右、どちらの鼻に入れるのですか?

通常、通りの良い方を選んでいただきます。ただし、選んだ側が狭かったり曲がったりしている場合などは、もう一方の鼻からの挿入に切り替えるときもあります。

検査前に鼻毛を切るとか手入れをしておいた方がいいのでしょうか?

特別なお手入れは必要ありません。逆に鼻毛を切りすぎるなどすると、 検査後に鼻腔粘膜への刺激が残ってしまうこともあります。

鼻からの内視鏡で胃の組織などを採取したり、処置することもできるのですか?

病理学的な検査を行うために組織を採取することができます。 ただし、ポリープを取るなどの処置は現状では適していません。

花粉症でも検査はできますか?

検査の前には、粘膜を収縮させるスプレーを噴霧して鼻腔を広げて通りをよくしますし、炎症を起こした粘膜を保護するために麻酔の入ったゼリーを塗りますから、ほとんどの場合は大丈夫です。

鼻からの内視鏡が出来ないケースもあるのですか?

あります。鼻腔が曲がっている方や鼻腔が狭い方がまれにいます。その場合は口からの検査になります。

鼻から入れる内視鏡って、どのくらいの太さですか?

先端の太さは5.9mmで、うどんの太さとほぼ同じです。 (参考:口から入れる内視鏡の先端の太さは9~10mmです。)

口から入れる内視鏡より細くなっていることで、精度が劣るのではないでしょうか?

最近の内視鏡は、高画質のCCDや、高性能で広角なレンズを搭載していますから、口からの内視鏡と遜色のない精度での観察が可能です。 むしろ口からの内視鏡では今まで見えにくかった部位を比較的容易に観察することができるようになっています。

鼻からの内視鏡はどういう人に向いているのですか?

口からの内視鏡検査で苦しかった経験を持つ人、バリウムによるエックス線検査が嫌いな人に適しています。また予防的な検査である健康診断や人間ドックでも病巣の早期発見に威力を発揮します。

どこの医療機関で検査してもらえるのでしょうか?

全国で約3,500の医療施設(平成24年4月現在)で受診できます。

検査終了後、何か注意することはありますか?

強く鼻をかむようなことは慎んでください。

WEB予約受付中WEB予約 オンライン診療
ページトップ

〒177-0044
東京都練馬区上石神井4-3-23

TEL.03-3920-0966 (患者様・企業様)

TEL 03-6904-7316 (採用応募者の方)

FAX 03-3929-8573

診療科目内科・循環器科・小児科・皮膚科・外科・麻酔科(中島 亮)
整形外科・消化器内科・脳神経外科・泌尿器科・呼吸器科
診療
時間
午前 9:00-14:00
午後 14:00-18:00
18:00-21:00 × × ×

※受付時間は月・水・木・金 8:30~21:00 / 火・土・日 8:30~18:00